九州旅公演のこと

昨日から6月の舞台「天一坊十六番」の稽古が始まりました。
のだけど、その事を書く前に少し。

3月、4月と「からゆきさん」の旅公演で九州をまわってきました。
行きの飛行機が濃霧で飛ばず、3倍くらいの時間をかけて新幹線に切り替えての移動っていう旅のはじまり。
最初の公演地、下関が3/9。
そこから小倉、直方、飯塚、田川。
そのあと別府、大分、宮崎と九州の東側を南下し鹿児島へ。
4月に入って都城、人吉、熊本、福岡と北上。
木々や花々の色も変わり、冬から春へ。

前回の旅公演で、コンパートメント症候群って大怪我をしたのが福岡。
歩けないほどに脚が腫れ上がってしまい、本当は切開して治療しなければならないところを片足引きずりながら押して出続けたので未だに少し後遺症あるけど、そんなこともあり福岡から先を無事に乗り切って観てくれる皆様にしっかりとお届けすることがひとつの目標で。

そしてその福岡の最終日が、4/14。
公演が終わって地元の人が集まるbarで飲んでいて、熊本に実家や友達がいる人もいて。
Twitterでも書いたけど、今まで回ってきた場所が崩れている映像を見たりすると、なんとも言えない気持ちになりました。
それでも、次の佐世保に移動。
公演が行われるかどうかわからない中、それでもやるならしっかりお届けするという気持ちで、島原、諫早、長崎、佐賀と走り抜けました。

動画にも書いたけれど、被災された熊本や大分をはじめ、九州に住む色んな方から、自分達が大変な渦中にあるにもかかわらず、応援の声をいただきました。
本当に感謝の言葉もありません。

旅から戻ってきて1週間。
当たり前の日々が、当たり前でない事を感じ、そして時々それを忘れ、なんだこれって気持ちを感じたり?
ただ、舞台や映画、動画をみて、世の中には本当にたくさんの事を伝えたい仲間がいることも感じました。
たくさんの芸能に関わる人が言ってきていることかもしれませんが、お届けするには時期尚早とかなんとかとも言われるけれど、求める人達、応援してくれる人達、何かを届けたい人達がいる限りは、この仕事だって大切に繋げていかなければって。
医療とか土木とか食とか直接はなかなか関われないけれど、そう想いました。

これからもひとつひとつ、伝えいけるよう、頑張ろう。

以上、書き留め。

shimashow's cafe

Shimashow's Official Web Site

0コメント

  • 1000 / 1000